髪質と色合いの関係

白髪染めを選ぶときは、白髪染めの色合いにも注意しなければいけません。

白髪染めの色合いには、黄みが強いものと、赤みが強いものがありますが、髪質によって染まり方が変わってきます。

  • 細く・柔らかい髪質には?
  • 黄みがつよい色合いの白髪染めを使いましょう。
    赤みが強い色合いの白髪染めはキレイには染まりますが持続しません。

  • 太く・硬い髪質には?
  • 赤みが強い色合いの白髪染めを使いましょう。
    黄みが強い色合いの白髪染めで染めると、白髪だけが明るく染まってしまう傾向があります。


→→ 次の記事:「染める時間の調整」へ

自宅で上手に染めるためのワンポイント

このページの先頭へ